FXにより強くなる、通貨知識

>

通貨の特徴から通貨ペアを選ぶ

アメリカドルの特徴

アメリカドルは世界の基準となる通貨です。
世界の為替取引の9割がアメリカドルともいわれています。
為替以外にも貿易でも各国の中央銀行でも、通貨の価値基準にドル関わっています。

FXでのペア通貨で、ドルと組み合わせる人は日本以外の国でも多くいます。
そのため、取引量が多いのですが、逆にドル以外でのペア通貨の取引は極端に少ないです。
そのため、そういった組み合わせの時にもドルの価値が基準となります。

また、例えば元と円の通貨ペアの際、円をいったんドルに換算してからさらに元に換算するという手段がとられる場合が多々あります。

このように、ドルを通貨ペアに入れていなくても、ドルに関する情報も見ておいたほうがいいこともあります。

通貨ペアにするときの注意点

FX初心者はまずドル円から始めましょう。
なぜなら他の通貨と比べて断然情報量が多いからです。
アメリカのニュースが入りやすく、情報量が多いと買う時期や額を決めやすいですよね。
また必ずしも円を選ぶ必要はないのですが、普段から使っていてなじみ深いので初心者の人にはレートの計算がしやすいです。
経験を積んでなれてきたら、ドルユーロやポンドユーロといった、円を含まないペアを選んでみるといいでしょう。

ドルに関しては取引量が多いので、価格は比較的安定しています。
なので、大きく損をしにくいというメリットもありますが、逆に大きな利益を短期間で得ることが難しいです。
現時点の経験値や資金をよく考えて、ドルをペアにいれるかどうかを考えましょう。